オーストラリア2015年より新投資家ビザ実施 Premium Investor Visa

オーストラリア政府は2012年11月24日より施行した上級投資家ビザ(Significant Investor Visa: SIV) の見直しをし、今後、経済効果を促進する一環として、さらに新しい投資家ビザ Premium Investor Visa (PIV) を実施することを発表しました。 来年会計年度2015年7月より実施予定です。

SIVは2012年11月24日にはじめて年齢制限のない永住ビザとして開始されましたが、海外からの投資家誘致に成功しており、さらに国家経済に貢献しうる投資家誘致に積極的となる見込みです。

主に以下の点について提案されています

• さらに新しい投資家ビザ Premium Investor visa (PIV) をオーストラリア貿易促進庁(オーストレード)の推薦をもって構築
• 投資対象(complying investment )についてのポリシーはオーストレードが関与
• オーストラリア政府にかわり、オーストレードがSIVやPIVの申請者を推薦可能とする
• 既存のビジネスイノベーション・投資プログラム the Business Innovation and Investment Programme (BIIP) において、暫定永住ビザ期間中に主申請者と配偶者(扶養家族)の役目(要件)を変更することを可能とする
• ビザ審査期間の迅速化

これらに加え、扶養家族に対する「滞在要日数」を現行の160日から180日に延長予定です

PIV の主な要件は以下になる予定です。 特に「滞在要件が不要」という先進国の中でも非常にユニークな要件を提示してます。

 

Premium Investor Visa (PIV)

• 投資対象に対して、AUD$1500万投資すること
• 暫定永住権期間は4年間ですが、これを12か月間とし、その後、永住ビザが可能
• 滞在要件日数が不要
• オーストラリア政府(オーストレード)のみがこのビザについては推薦者となる

 

オーストラリア政府発表 原文はこちらからご覧ください。

2015年2月に発表になった最新情報原文はこちらからご覧ください。

参考までに現行の上級投資家ビザ (Significant Investor Visa: SIV) のご案内はこちらになります

 

 

Comments are closed.