法人のお客様

お問い合わせの方

・法人用お問い合わせフォーム

企業派遣(駐在員)・就労・現地法人設立お考えの皆様

オーストラリア・ニュージーランドは海外からの投資活動や企業誘致に非常に積極的な国であり、日本は重要なパートナ-国として位置づけられております。日本とは季節が反対ということを利用した農業のビジネスモデルは非常に成功しております。また、近年では特に資源開発が活発化しております。優れた技術をもつ日本人がオセアニアにおいてビジネスモデルの開発を進めることで、経済活性化するメリットは無限であり、オーストラリア・ニュージーランド政府も日本に対する期待が高まっております。

そのような中で、必須となるビザの手続きは、将来的なビジネスプランを考慮して慎重な対応が必要となります。 近年金融危機の対応を含め、就労ビザの法律が大幅に改正され、オーストラリア・ニュージーランド各国民との差別のない的確な雇用対策がますます必要となりました。

また、現在グローバル人材育成をみすえて海外への企業研修も本格的になってまいりました。

オーストラリア政府は現在グローバル人材育成促進に取り組んでいます。30歳までの社員の皆様にはワーキングホリデーを活用し、英語研修+現地法人における研修が可能であり、この活用方法は今後さらに可能性が高まる領域です。 本格的な研修希望であればOccupational Trainee (402), そして学生ビザでビジネス英語研修など、活用も多様に可能です。 これらのプランニングにもご相談に応じています。

旅行代理店・留学センターの皆様 <アドバイザー契約・代行申請のご案内>

2013年5月より在日オーストラリア大使館の申請手続き方法が大幅に変更され、ほとんどのビザ申請の審査場所はソウルにありますオーストラリア大使館になります。

今後、法改正など頻繁に変更する情報や傾向なども含めて、情報もすべて英語対応が必然となります。

日本の旅行会社および留学センター、または企業人事部むけにスムーズな申請手続きができるように最新情報を日本語にてご提供し、かつ申請に対するアドバイス、ご契約いただいている旅行会社・留学会社向けへのセミナーなどにご参加いただける「アドバイザー契約」サービスを年間契約として2013年5月より開始いたします。日々の業務内で疑問に感じる簡単な質問から複雑なケースまでご対応します。多くの皆様にスムーズな申請をしていただけるようご利用しやすい料金でご提供しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

アドバイザー契約のメリット

・日々の申請手続きに対するお問い合わせにご対応

・業界向けニュースレターの配信(季刊号)

・ご契約者へ限定セミナーをご提供  など

アドバイザー契約に際し、お問い合わせ・ご希望の方は「法人お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

法人むけの代行申請について

従来どおり、各旅行会社や留学センター経由での代行申請も承ります。業務効率化の目的をふまえて、当社においては、法人の皆様より申請をお預かりすることが可能です。申請料金も利用しやすい設定となっております。 また、オーストラリアは法改正がほかの国と比較して、かなり頻繁に行われるため、個々のビザクラスにおいてその最新情報を常に認識しておくことがとても重要となります。

情報共有は特にビザ申請において大切であり、法律のみならず、その年の傾向や、移民政策、経済政策に準じて日々変化する状況であるため、迅速かつ的確な形でのアウトソース化も実施することは業務効率化をはかることが可能であります。

以下をご確認の上、ビザ代行申請ご希望の方は「法人お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
サービスの内容・料金
代行申請申込の流れ

 

 

法人向け(旅行代理店・留学センタ-) USEFUL LINK

ETAS  オペレーションマニュアル

ETASを航空予約端末(CRS) を通じて申請する場合、必要なコマンドの説明などが詳細記載されています。移民省によるマニュアルのため、英文のみです。

AGENT GATEWAY

移民省サイト上において、代理店向けに最新情報を掲載したリンクです。特に需要のあるビザクラスの改正などがまとめて記載されています。

オーストラリア移民法改正 最新情報

移民省サイト上において法律改正についてはこのサイトにより時系列で確認が可能です。