訪問ビザ・ロングステイ

 
目的

ニュージーランド滞在目的が以下に該当する場合は訪問ビザとなります。

・休暇・観光・家族訪問

・アマチュアスポーツ大会参加

・会議やビジネスコンサルテーション

・医学治療目的

・政府関連訪問

* そのほかの目的はこちらをご覧ください special visitor categories.

・3か月以内の滞在の場合は、ビザ不要の国(ビザフリー)があります。日本は不要になります。また、イギリス国籍の方は最長6カ月までビザ不要で滞在可能です⇒ビザフリーの国

・オーストラリア国籍・オーストラリア永住権をお持ちの方はビザは不要です。

ビザフリーで入国の場合は、十分な資金と自国へ帰国する意志が確認できるもの(帰国用航空券など)が必要です。 

 
ビザ有効期限

以下のような条件で発給されます。

・ 通常、目的や個々の状況に準じて3か月になりますが、最長で9カ月までの滞在が可能です。延長ご希望の方はニュージーランド国内において目的に準じて申請も可能です。

・ 一次入国か数次入国可能

・ ビザ有効期限日もしくはそれ以前に出国しなければなりません。

 
ビザ条件

・       就労不可

・      ニュージーランド滞在中、3か月以上就学してはいけません。

 
申請条件

・      ニュージーランド滞在目的が訪問目的に準じている事

・       滞在費として十分な資金を保有していること

・       政府が定める健康上の基準と、犯罪歴など人物審査の基準を満たしていること

 
ツアーガイドで入国の場合

ニュージーランドへツアーガイドとして旅行者に同行し、渡航する場合は観光ビザではなく、 ‘specific purpose’ work visa というビザを入国前に取得する必要があります。 

 

ロングステイ

 

 

 

 ロングステイのご案内

一般に3か月以上滞在したい場合に(長期観光目的)このビザが該当します

ニュージーランドの「ロングステイ」 は最長9か月滞在できるビザとなり、かなり優遇されています。また、滞在中3ヵ月までは就学することも可能です。 短期の観光では体験できないようなのんびりとした滞在型を経験してみたい・・・という方に最適です。友人やご家族を訪問したり、観光目的での滞在となります。あくまでも「居住目的」でないことが条件です。具体的な観光目的があり、滞在が3か月以上~9か月の方が対象です。 また、お子様などが永住権を保持している場合はさらに長期に滞在するタイプの訪問ビザも申請することが可能です。

 

ビザフリーでなく、訪問ビザが必要な方・滞在を3か月以上されたい方(ロングステイ) 
訪問ビザ 代行申請料金 ⇒ サービスの料金
      お申込み希望・お問い合わせ ⇒ お問い合わせ