<重要>ニュージーランド 2022年4月30日より入国緩和

ニュージーランド政府は11月24日にワクチン接種完了している外国人に対して来年4月30日より個人渡航者含めて入国緩和をする旨発表いたしました。詳細についてはあらためて12月に発表という事のため、現段階における発表内容は以下となります。

  • 2022年1月16日(日)午後11時59分より、ワクチン接種済みのNZ国籍およびその他の対象旅行者は、MIQ(隔離施設)に滞在することなくオーストラリアからニュージーランドへ渡航することができます。
  • 2022年2月13日(日)午後11時59分より、ワクチンを接種済のNZ国籍およびその他の対象となる旅行者は、その他の国からニュージーランドへの渡航が可能になります。
  • すべてのワクチン接種者は、2022年4月30日以降、ニュージーランドへの渡航が可能になりますが、再開は段階的に行われます。
  • インドネシア、フィジー、インド、パキスタン、ブラジルの「Very High-Risk」の分類は、来月初めに解除されます。

 

2022年4月30日以降の対応は以下となります

国境は3段階で開かれ、MIQに入る必要のないすべての旅行者は、これまで通り以下の条件を満たす必要があります。

  • 出国前の検査が陰性であること
  • 完全な予防接種を受けていることの証明
  • 旅行歴に関する乗客の申告書
  • 到着時の0/1日目の検査
  • 7日間の自己隔離の必要性
  • 社会に出る前の最終的な陰性検査

 

MIQ(隔離施設)に入らずにニュージーランドに入国できる時期の詳細は以下の通りです。

ステップ1:

2022年1月16日午後11時59分より、ワクチン接種済みのニュージーランド国籍、レジデンスクラスのビザ保持者およびその他の旅行者が、オーストラリアから入国できるようになります(過去14日間にオーストラリアまたはニュージーランドに滞在していた場合)。

ステップ2 :

2月13日(日)午後11時59分より、ワクチン接種済のニュージーランド国籍、レジデンスクラスのビザ保持者、およびその他の旅行者で、高リスク国を除くすべての国からの渡航者を対象とします。

ステップ3:

4月30日以降、ワクチン接種済の外国人に開放(ビザの種類によって段階的に開放する可能性あり)

 

*具体的詳細がわかり次第あらためて弊社ホームページにて公開していきます。

 

ニュージーランド政府発表原文 ⇒こちらへ