Follow Us:

投資駐在員ビザ(E-2)

Home サービス アメリカ 投資駐在員ビザ E-2

投資駐在員ビザ  E-2 Treaty Investors Visa

目的

米国と通商条約(Treaty)を締結した国の国民が申請可能であり日本国籍は対象です。

申請者が米国と条約国の間のサービスを含む分野で実質的かつ継続的な相当額の投資をした会社の運営を指揮し、事業を発展させるために渡米することが求められます。 E-2は非移民ビザのため、申請者はE-2ビザの任務が終了後、米国を離れる意思があることが必要ですが、基本的に投資・事業活動が継続している限り米国への滞在が可能であり、扶養家族も就労が可能なビザです。グリーンカード(永住権)を希望しないが、アメリカへの移住希望をしている方にはよいオプションとなります。また、居住要件が特にありませんのでアメリカと日本のデュアルライフも可能となるフレキシブルなビザです。

 

主な要件

1.主申請者(投資家)

条約国の国籍を有し、企業の場合、少なくとも企業の50%の株を条約国の国籍の者が所有していること。

 

2.投資について

  • 継続したものであり、投資額は取消不可であること。
  • 投資額はその会社を順調に運営できるための十分な額でなければなりません。また、扶養家族への生計や米国への経済効果を生むレベルである必要があります。
  • 実態のある企業への投資であること
  • 投資家は資金の直接的投資家であり、その資金は商業上損失を伴うリスクのあるものでなければなりません。もしその投資が商業上の不運に遭い投資額の一部または全額が損失するという影響下になければ、本来の投資としてみなされません。また投資した資産を担保にした借入金は認められません。

 

3.マネジメントについて

  • 投資家はその企業を指揮し発展させることを目的に渡米や滞在しなければなりません。
  • 申請者が投資家本人でない場合は、管理職または役員あるいはその会社に必要不可欠な知識を要する職種として雇用されなければなりません。

アメリカ E-2ビザについて ~日本とアメリカのデュアルライフが可能~

AOM提供のE-2 プロジェクト テリヤキマッドネス(ファストフードチェーン)

テリヤキマッドネスCEOとFPP CEOによる対談

*上記ビデオは「設定」から日本語字幕表示が可能です。

 

投資家ビザ(永住) EB-5にて連携しているパートナー企業First Pathway Partners(FPP)があらたにE-2のプロジェクトを開始しました。

アメリカにあるフランチャイズビジネスへの投資モデルとなります。日本の皆様は時にグリーンカード(永住)ではなくE-2をご希望になる方がいらっしゃるため、詳細のご案内やご関心のある方はお問合せください。

 

 

テリヤキマッドネス(TMAD)は2003年にラスベガスにオープンした日本食ファストフードチェーンであり、現在27州で65店舗以上のフランチャイズにより全米にブランドを拡大し、2020年にはさらに急速に各州、世界中にオープン予定です。ハワイでは既に10店舗オープンが予定されており、現在アメリカで国内ではファストフードで最も成功している企業の1つとなっています。全米飲食業における数々の賞をこれまでに受賞しております。COVID-19にもかかわらず、デリバリーやオンラインサービスにより売上を伸ばしており、フランチャイズ業界で著名なマイケル・ヘイ氏のリーダーシップにより、着実に発展しています。

 

メニューは日本の皆様にはおなじみのテリヤキチキン丼、牛丼、やきそばや餃子などを提供しており、投資家がこのフランチャイズオーナーとして新規店舗へ投資していくモデルとなります。

 

テリヤキマッドネス(TMAD)  https://teriyakimadness.com/

 

ファストフードチェーンとして受賞最新ニュース

・2019年度 新しいフランチャイズ90店舗で賞を受賞

⇒  こちらへ

・2020年度 フランチャイズ  ゲーターTop100 3つ受賞

⇒  こちらへ

 

 

E-2はかなり短期間で審査が実施されますので、ライフプランが立てやすい点も大きな特徴です。

ご関心がございましたらお気軽に「お問合せフォーム」よりご相談下さい。