Follow Us:

SDGsへのとりくみ

Home SDGsへのとりくみ

AOMビザコンサルティングは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

Separator-Image-Blue

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17の目標から構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、AOMは民間企業としてこの取り組みに参画しています。

AOMの具体的とりくみ

グローバルモビリティをサポートするプロフェッショナルとして国内外において特に以下のとりくみを実施しています。

世界ではますます人の移動から経済促進を大きく左右する時代になりました。人口政策や移民政策は今後、国益にもかかわる大きな課題となり、就学・就労・人材育成・移住など目的に準じたよりよいサポートを提供していきます。 また、特に日本への経済促進につながるモビリティサポートを今後強化していきます。

私たちはあらゆる国の方からのご相談に応じてサポートを日々実施しており、その背景や生きてきた人生も多種多様であります。このような中で、多くの方に機会ある平等の社会を形成できるよう支援しています。

地球上には日本とはかけ離れた環境下で多くの方が貧困問題に直面しています。特に難民問題は深刻な状況です。AOMは国内においてひとり親家庭への支援活動としてSAWAチャイルド基金へ、海外へはUNHCR(国連難民弁務官事務所)への支援を実施しています。

グローバルモビリティサポートはパートナーシップなしにはなしえない活動であり、多様な連携が必須となります。国内はもちろんのこと、各国における各分野のプロフェッショナル達と連携する事で、経済促進、そしてよりよい社会貢献を持続可能にする事をミッションとしています。