Follow Us:

研修ビザ(407)

研修ビザ  Training Visa (Subclass 407)

目的

このビザはオーストラリア国外の方がオーストラリア企業や団体および政府において研修をされたい方のためのビザとなり、以下の3つのケースに相当します。

若手の人材育成目的として、そしてオーストラリアに限らず海外へ駐在員派遣前の研修として活用できる プログラムです。

Stream 1 :
オーストラリア国内または自国における役職に従事するために必要な経験や資格取得や登録する目的の研修

 

Stream 2 :
該当するポジションにおいてさらに個人の経験を伸ばすための実践的研修

 

Stream 3 :
自国においてはうけることのできないトレーニング(政府・教育機関など)をオーストラリアにて 実践し、個人の経験を 伸ばすための実践的研修

手順

就労ビザ(482)と類似し、次の3つのステップになります。

1.Sponsorship (スポンサーシップ)
研修受入れ期間中の受入れ先としての義務を果たす能力があるか

 

2.Nomination (ノミネーション)
研修対象となる具体的なポジション&綿密な研修計画についての提示

 

3. Visa Application (ビザ)
このポジションに関係する職歴や経験・英語力

英語力について

申請者は必ずFunctional English レベルの英語力があることが必須です。

過去、海外対象教育機関で就学していたか、または過去12か月以内に受験した以下のような スコア証明が必要です。

テスト スコア要件
IELTS 4つのモジュール(Speaking, Listening, Reading, Writing)
各スコアが最低4で、 平均が4.5以上
TOEFL(iBT) 4つのモジュールの合計が最低32以上

IELTSはアカデミック・ジェネラルと2種類あり、どちらでもビザ申請目的に認可されます。
ジェネラルは日常会話に近い内容となる為、申請者にとってはハードルが低いです。
企業内においてIELTSは英語力の指標としてグローバルに通用する英語試験となりますので、ぜひ活用下さい。

 

IELTSについて詳細 ⇒ こちらをご覧ください

register-online