最新情報はこちら:

就労ビザ(482)

就労ビザ Temporary Skill Shortage visa (subclass 482)

目的

TSSビザはいわゆる「就労ビザ」になり、海外からの駐在員、または現地法人への就職など雇用主によりスポンサーされ、就労するビザとなります。おもに3つのステップがあります。

手順:次の3つのステップになります。

1. Sponsorship (スポンサーシップ)

雇用主となる企業(法人)の経営計画や現状の審査

2. Nomination (ノミネーション)

任命される役職(ポジション)の審査

3. Visa Application (ビザ)

就労者となる方の職務経験や人物審査・同行扶養家族の審査

スポンサーの種類

A. Business In Australia (BIA)

オーストラリアにすでに会社登記があり、オーストラリア国内において過去の実績があるケース
(駐在員・現地会社雇用など)

B. Business Outside of Australia (BOA)

1) オーストラリアにまだ会社登記が存在せず、または登記のみで実質事業が開始されておらず、海外(日本)における実績をベースにオーストラリアにおけるビジネスをこれから進出することを検討。 (企業規模関係なく、企業初進出のケースなど)

2) オーストラリア法人とオーストラリア企業との契約義務遂行のために、現地で勤務が必要な場合

研修ファンドの支払いについて

2018年8月より、就労ビザのノミネーション申請時に、オーストラリア国籍および永住者が利用する研修ファンドへの支払い義務が開始されました。

寄付として、①ノミネーション申請時の職業リストに準じる年数 ②スポンサー企業の売上高に準じて、研修ファンドへの支払額が決定します。

具体例:
① Corporate General Manager (中長期的な職業リスト)として4年間派遣
② スポンサー企業売上高は1000万ドル以上

年間売上高 年間費用
1000万ドル以上 1800ドル
1000万ドル以下 1200ドル

※1800ドルx4年=7200ドルを一括で研修ファンド寄付としてノミネーション申請時に支払いが必要

お問い合わせ

法人名(対象の方)
お名前(ローマ字)
 
お名前(漢字)
 
メールアドレス
電話番号
住所
お問い合わせ内容

PDFダウンロード

就労ビザ
196KB