Follow Us:

投資駐在員ビザ(E-2)

Home サービス アメリカ 投資駐在員ビザ E-2

投資駐在員ビザ  E-2 Treaty Investors Visa

目的

米国と通商条約(Treaty)を締結した国の国民が申請可能であり日本国籍は対象です。

申請者が米国と条約国の間のサービスを含む分野で実質的かつ継続的な相当額の投資をした会社の運営を指揮し、事業を発展させるために渡米することが求められます。 E-2は非移民ビザですが、基本的に投資・事業活動が継続している限り米国への滞在が可能です。また、グリーンカード(永住権)を取得するか検討されている方も、まずはE-2でお試し移住、ということが可能です。

主な要件

1.主申請者(投資家)

条約国の国籍を有し、企業の場合、少なくとも企業の50%の株を条約国の国籍の者が所有していること。

 

2.投資について

  • 継続したものであり、投資額は取消不可であること。
  • 投資額はその会社を順調に運営できるための十分な額でなければなりません。また、扶養家族への生計や米国への経済効果を生むレベルである必要があります。
  • 実態のある企業への投資であること
  • 投資家は資金の直接的投資家であり、その資金は商業上損失を伴うリスクのあるものでなければなりません。もしその投資が商業上の不運に遭い投資額の一部または全額が損失するという影響下になければ、本来の投資としてみなされません。また投資した資産を担保にした借入金は認められません。

 

3.マネジメントについて

  • 投資家はその企業を経営者として発展させることを目的に渡米や滞在することが要求されます。
  • 基本的に申請者は「経営者」となり、ビジネスの「日々の運営者」をほかにたてることも可能です。
  • 申請者が投資家本人でない場合は、管理職または役員あるいはその会社に必要不可欠な知識を要する職種として雇用されなければなりません。

アメリカ E-2ビザについて メリット

E-2は5年間有効の「一時居住」ビザですが様々なメリットがありフレキシブルなビザとなります。アメリカ居住をまずは試してみたい方、永住するかの判断にしたい、などに有効なビザとなります。

 

1.配偶者も就労可能

根本、主申請者は「適格事業」に投資、経営が必要ですが、配偶者は自由に就労が可能です。その為、好きな仕事や将来のビジネスプランを構築する上でも使いやすいビザとなります。

 

2.公立校の場合、お子様はアメリカ人同様の授業料

家族で移住する場合、お子様の教育目的という方も少なくありません。学生ビザの場合は公立校でも外国人用授業料として高額となりますが、E-2扶養家族であれば、公立校の場合、授業料がアメリカ人と同様に扱われる為、非常に安価となります。

 

3.居住期間要件がない ⇒ 日米デュアルライフが可能

ビザの中にはアメリカに大半居住が求められることもありますが、E-2の場合は、居住要件がありません。(事業経営できる適切な期間滞在できること)その為、特に日本でビジネスをされている方には日米滞在を行き来できるデュアルライフを実現できる点で非常にフレキシブルなビザとなります。ご主人様は日米行き来し、奥様とお子様はアメリカをベースに居住という事も可能です。

 

4.適切な事業継続する限り、永続的に更新可能

「事業投資」活動を継続している限り、5年のビザを随時更新していくことでアメリカ居住を継続することが可能です。

ただし、このビザを長期的に保有していても「永住ビザ(グリーンカード)」にはなりませんので、特にお子様が将来アメリカで生活していくことを検討する場合は、永住ビザ取得検討は重要なポイントになります。例としてE-2でまず渡航し、その後、家族の将来も検討して(永住意思にかわり)EB-5(グリーンカード)申請することも可能です。

 

5.審査期間が迅速

E-2ビザは「アメリカ在外公館」での審査となり、ほかのビザのようにアメリカ国内の移民局が関与しません。従いまして、通常であれば3か月~とかなり迅速な審査期間になるため、移住プランも検討しやすいのが特徴です。(但し、現状コロナの関係で遅延が見込まれます為、1年くらいの余裕をもってプランニングが適切です)

アメリカ E-2ビザについて 永住を検討するかたは平行してEB-5申請が可能

迅速にアメリカ移住は「E-2+EB5プラン」がおすすめ

E-2を取得後、やはり「永住ビザ(グリーンカード)を取得したい」と考える方も多くいらっしゃいます。その場合は、E-2で居住しながら平行してEB-5を申請することが可能です。EB-5は申請後、永住ビザとしての発行まで2-3年はかかりますので、その間もアメリカ滞在をしながら、お子様の教育を継続したり、就労希望したい方にとっては安心して滞在継続できる点では大きなメリットです。なお、E-2は更新を永続的に可能ですが、直接永住ビザにはつながらないため、グリーンカードを希望する場合は、EB-5を申請することが最も近道となります。

 

AOMではこのE2+EB5を希望する投資家の方に「ハイブリッドE2」モデルを現在提供しています。

アメリカ移住を検討する際に、初めから永住目的の方も多いですが、ケースによってはまずは一時居住E-2ビザとして滞在したあとに永住を希望する方も少なくありません。

このような場合、この2つのビザ取得を考慮し、同じプロジェクトへE2、そしてEB5として投資が可能となります。

アメリカ E-2ビザについて どんなオプションがあるか

E-2は基本的に「事業投資」になり、積極的なビジネスで雇用創出される事が重要です。

AOMでは2つの方法でE-2ビザサポートを提供しています

 

1.現地アメリカ人ビジネスパートナーと連携し、事業を実施する

ビジネス成功の為に、アメリカ人ビジネスパートナーと連携し、おもに2つのオプションを提供しています。

 

2.飲食業経営者向け(プロの方)

現在既に飲食経営をされている方はいつかアメリカでぜひ飲食業でビジネス展開したい、と思っていらっしゃる方も少なくないと思います。このような「プロ」の皆様むけにロスアンゼルス中心にカリフォルニア州でビジネスを検討希望する方は飲食ビジネスとしてE-2ビザサポートを提供しています。

1-① ハイブリッドE2

EB-5リージョナルセンターが2017年以降継続しているメリーランド州政府レベルの巨大港湾インフラプロジェクト「トレードポイントアトランティック」に対し、EB-5の投資家のみならず、あらたにE-2ビザの事業投資家に提供することになりました。

東海岸最大の港湾都市としてボルティモアは全米でも重要な拠点であり、投資・貿易には欠かせないエリアとなります。既にEB-5として、既に申請者には投資金額も返金済という素晴らしい実績をもつプロジェクトです。州政府にとっては最重要プロジェクトである点より政府レベルで認可を受けている着実なプロジェクトとなっています。

E-2投資家として投資法人企業経営者として経済的インパクトを与える事で事業遂行するモデルです。

このモデルの最大のメリットは、より早くアメリカ移住を実現するためにまずはE-2ビザで渡航し、その後やはり永住ビザを希望する方には平行してEB-5として同じプロジェクトで申請することが可能になる点です。この場合、EB-5投資金額となる80万ドルをE-2=30万ドル/EB-5=残金50万ドルとして申請可能となります。

こちらのE-2ビジネス提供会社 バーチキャピタルは、EB-5リージョナルセンターのうちの1つで、過去実施した3つのプロジェクトはすべて100%USCISにより承認されてきており、申請者にも投資金額を返金済という素晴らしい実績があります。特に今回の「トレードポイントアトランティック」インフラプロジェクトについては長期的に関わり多くの投資家募集および資金調達に貢献しています。(ビデオ:日本語字幕)

1-② 不動産再生事業

5年間で物件仕入れ⇒リノベーション⇒売却や賃貸を8-20件事業展開を目標とする事業です。既にアメリカ不動産投資のご経験をお持ちの方も多いと思いますので、事業モデルもある程度想像もしやすい内容です。

こちらのE-2ビジネス提供会社 パラプリンキャピタル社は、もともとEB-5リージョナルセンターのうちの1つで、過去実施した6つのプロジェクトはすべて100%USCISにより承認されてきております。投資家ニーズによりE-2事業、そしてビザに関係なく投資目的として不動産投資事業を提供しています。

パラプリン・キャピタルについて(日本語ビデオ)

2.飲食業を経営(既に飲食業経営されているプロの方向け)

真剣に「飲食業ビジネス」でカリフォルニア州で経営したい方向けにレストランビジネス売買や経営、そして、各種必要なライセンス関係など、実業スタートにあたり必要となるサポートを提供しています。AOMはこれらのビザ申請についてサポートしていますが、具体的な飲食業売買など探している方、事業開始にあたって物件選定などのご相談はロスアンゼルスの飲食専門ビジネスパートナーをご紹介していますのでお気軽にお問い合わせください。

グローバルワーケーションビデオ

AOMビザコンサルティングでは、ビザの活用をより多くの皆様にしっていただけるようにビザ種類別にビデオでご案内していますのでぜひご覧ください。

グローバルワーケーションビデオ ⇒ こちらへ

詳しい事業内容などについてご関心ありましたらお気軽にお問合せフォームまたはお電話にてご連絡下さい。